ガスの利用とその料金

特に家庭用として使用するガスは大きく分けて2種類あります。

このうちプロパンはその接続などが用意であり、業者が専用のボンベを運んできて接続をするだけで済みます。家庭で使用するレンジなども利用者で接続が出来るなど、比較的楽なものです。一方の都市ガスですが、こちらは専門の業者による接続が欠かせません。また使用するレンジなどの機種なども伝えるなどして利用者と専門の業者との連携が必須です。業者側から接続に関する案内が送られてくることもありますし、賃貸物件などで入居する際に事前に予約を求められる場合もあります。

なぜこのように対応がそれぞれ異なるのかですが、プロパンはその主な燃料が石油であり接続に関して問題はあまり起こり得ません。業者がすべてを行わなくても個人でも接続が出来るわけです。一方の都市ガスは利用できる世帯が限られます。その家庭に地中などからの配管それも特別な物で繋がれている必要があるものです。

ただし、一般的にこちらの方がプロパンよりも安価な料金設定になっています。料金についてはその主な原料の違いから生じるものです。石油から精製されるプロパンについては、主な産出地が中東になります。紛争地が多くしかも日本までの距離が遠いです。その分だけ輸送コストに跳ね返り、利用者の負担に回ってきます。都市ガスは原料が液化天然ガスなどを主な材料としていて、こちらは比較的距離が短く運べるなどのメリットがあるため比較的安価に済むわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *