ガスには種類があるため事前に確認しましょう

新しい生活を始める時などに給湯器を新しく取り付けることもありますが、その際ガスの種類に注意する必要があります。

家庭用に使われるガスには大きく分けて都市とプロパンがあります。都市ガスの原料は天然のもので、公共料金となります。届出や認可という手続きを経て料金を決めるため、料金の変更などが頻繁にないため安定して使うことが可能です。

地下に埋められたパイプを使って工場から運ばれきて、万が一漏れた場合には、空気よりも軽いため天井付近に上昇して拡散するという特性があります。プロパンは、原料は石油なのでガソリンなどと同様に原油の影響を受けやすく、都市とは異なり自由料金となり設置する会社などが自由に価格を決めることが出来ます。

地下に埋まったパイプで運ばれることはなく、ガスを詰めたボンベで届けられるタイプです。プロパンは都市と比べると同じ体積で2倍以上の熱を出すことが可能です。器具は種類に合わせて作られているので、購入する際に間違って高い熱量のプロパンを低い熱量の都市の器具に使ってしまうと、赤い大きな炎となって燃えてしまい、不完全燃焼を起こして中毒の原因となってしまうため器具を購入する際には注意が必要です。プロパンは空気よりも重いため、万が一漏れた時には、床付近に滞留する特性があります。新生活を始めたり、引越しで新しい地域に住む場合、給湯器やコンロなどを新しくする事もあります。そんな場合にはガスの種類を事前に確かめて適切な器具などを購入するようにします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *