プロパンと都市ガスはいろいろな点で比較されます

毎日の生活の中で多くの方が調理や入浴などに利用するガスは、無くてはならないものではないでしょうか。

ところでそのガスにはプロパンと都市の2種類がありますが、これはいろいろな場合に比較されることも多いのです。たとえば火力や価格、また災害時にはどちらであったほうが便利だと感じるかなどです。

火力の点を比較するとプロパンのほうが強力だと一般的にも知られていますが、一方で価格の点では都市のほうが毎日の生活の中で同じように使ってもやすいと知られています。そして火力に関して強さが違うのはガスを構成している成分が違うからですが、価格に大きな差が出るのはプロパンは都市よりもボンベを詰め替えたり運んだり交換設置などにたくさんの人手が必要だからなのです。つまり人件費がガスの価格に上乗せされているので、手間の掛かるプロパンのほうが都市よりもずっと高くなってしまっているわけです。

ところが災害時の復旧となると、これが逆転してプロパンの便利さに軍配が上がります。それは都市の場合には地中に設置されている配管に、亀裂や断裂などがないか広い範囲を点検整備しなければなりません。けれどもプロパンの場合には設置されている戸建てや集合住宅だけの配管などを点検すれば良いので、意外に簡単に元のように使えるようになるわけなのです。そこでこれらの内容を踏まえながら、自分の生活にあった方のガスを使うように考えると良いのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *