プロパンと都市ガスではどちらを使ったほうが経済的か

多くの方がご存知のように毎日の生活で便利に使われているガスには、プロパンと呼ばれているものと都市ガスと呼ばれているものがあります。

そしてこの両者には非常に大きな違いがあって、そのために料金的に差が出ているのだといっても大袈裟ではありません。それではこの2つにはどのような違いがあるかというと、まず設置の方法が全く別になっています。

プロパンはボンベにつめられたものが各家庭や集合住宅の設置場所に置かれて、そこから短い距離の配管を通じて供給されています。ところがもう一方の都市ガスは企業が地下に敷設した長い配管を通って、各家庭まで直接届けられて使われているのです。そこで設備に関する初期費用は、前者よりも後者のほうが掛かっているものと考えられます。

しかし一般的にも知られているようにプロパンは都市ガスよりも火力が強いといわれていても、一ヶ月の平均的な使用量で比較すると割高に感じられます。それをどうしてだろうかと考えたとき、ここに実は人件費の問題が浮上してくるのです。都市ガスは初期費用が高いとはいうものの、一度配管をしてしまえば滅多なことでは取り替えることはありませんからそのまま使い続けられます。けれどもプロパンの場合にはボンベの中身は決まった量しか入りませんから、設置した場所に人が出向いて定期的に交換をしなければなりません。そうした手間の掛かるものだからこそ、プロパンは単価が高くなったり長い目で見ると経済的とはいえないのかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *