家庭で使用されるガスの安全性

お湯を沸かしたり調理に使用するガスは、主に配管から供給されるタイプと、ボンベで供給される2種類があります。

前者の都市ガスだと、家庭内だと漏れを検知して知らせる警報器が設置されていて、万が一の際は自動で遮断されるようになっています。空気より軽い性質を持っていますから、都市ガスの警報器は天井付近に取りつけられるのが特徴です。元々ニオイはありませんが、嗅覚で漏れに気がつけるように、あえて臭いニオイをつけたものが供給されているので、鼻の良い人は早く分かります。

ボンベで各家屋に供給されるプロパンガスは、空気より比重が重く床付近に停滞する特徴があります。無味無臭で色もありませんが、こちらも安全性を考慮して、卵が腐ったかのようなニオイをつけられています。これにより、警報器が鳴る前に気がつけたり、早く対処が行えるようになっているわけです。万が一ガス漏れが発生した場合は、換気扇を回すよりも窓を開けて外に逃がすのが適切です。

換気扇のスイッチを入れると、瞬間的に火花が出て引火する恐れがありますから、電気を使用しない窓開け換気がベストです。窓は基本的に対角線上にある2ヶ所を開け、速やかに空気を入れ替えるのが理想的です。ある程度空気が入れ替わったら、元栓を閉めて供給を止め、必要に応じて管理会社などに連絡をすることをおすすめします。老朽化した供給用のコードは漏れるリスクが高いので、定期的に傷がないかチェックしたり、交換するように心掛けると安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *