ガス使用中に大きな地震が起きたらどう対処すべきか

ガスを使用している最中に大きな地震が発生したら、まずは火の始末より身の安全を確保することを最優先にしましょう。

テーブルや丈夫な机の下にある空間などにもぐり、落下物から身を守りつつ揺れがおさまるのを待ちます。もし、近くに座布団やまくらがあれば、もぐる際にそれらを使って頭部を保護すると良いです。地震がおさまったら隠れていた場所から出てきて、ただちにガス器具から出ている火を消します。

現在は震度5弱以上の揺れがきた場合にガスメーターの安全装置が作動して供給が停止されますが、大きな揺れによってガス漏れが起きている可能性があるので、事故の発生を防ぐためにも器具栓や元栓、メーターバルブをすべて閉め、電化製品のコードをいったん全部コンセントから抜き、開けられる窓をすべて全開にして換気を行いましょう。窓を開けた状態にしておくと、家の中で何らかの危険が生じたときにすぐ屋外に避難することもできます。

ここまでの作業が終わったら、家の中の臭いや警報器の状態を確かめて、問題がなければガスを復帰させましょう。復帰作業は、基本的には閉めていた栓やバルブを開けるだけで終わりますが、メーターの安全装置が作動した場合は復帰操作をしなければ供給が再開されません。メーターの復帰方法は事業者の公式Webサイトなどに記載されているので、それを読んで手順を覚えてから作業に入りましょう。もし、操作方法がわからない場合や、作業中に事故が起きないか不安な場合は、事業者に問い合わせて点検をしてもらうと良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *