ガスの種類と利用について

私達の人生の楽しみの1つに食事をする事があります。

この食事をするために行うのが加熱をするという事です。人類に知能が出現したのも、食べ物を加熱して食べる事により顔面の筋肉が弱くなり脳が発達したためであると言われています。この様に加熱を行うという事は多くの恩恵をもたらしていますが、食物の加熱を行う際の幾つかの方法の中で現在最もポピュラーなものがガスによる加熱です。

熱源として用いられるガスには2種類あります。1つはプロパンガスですが、もう1つのものといて天然ガスがありますが、その主成分はメタンです。メタンは腐敗物などから出る事が知られている最も簡単な炭化水素ですが、プロパンに比べて火力が弱いのが特徴です。

一般家庭によく配管から出てくるガスで、供給のためには屋外屋内を含め大掛かりな配管工事が必要になりますが、空気より軽い為に配管から漏れても上空にのぼって拡散しますので、プロパンに比べて火災の危険性が低くなっています。これに対しプロパンは、空気に比べて重いので漏れ出た場合には下降しますので、滞留したプロパンによる火災に気をつけなければなりません。ただ、プロパンは通常ボンベで供給されますので使用に際して配管等の大掛かり設備を必要とせず、また同様の理由で大災害が発生した後でも早い時点で復旧する事が可能になります。更に、メタンに比べプロパンは火力が強いので、特に強い火力が必要とされる中華料理店などの飲食店でよく使われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *