オールガスとオール電化はどちらがいい?

ガスは料理をしたり、お風呂を沸かしたりといったように生活を支えてくれるインフラ施設です。

住宅の様々なシステムをこのインフラによって支えるオールガスがあります。オールガスではお湯を沸かしたり、床下暖房などで暖をとるといったことをガスを用いて行っています。それに対して、オール電化というシステムもあり、全て電気でまかなわれる電力主体の仕組みもあります。

実際に我が家に導入するという場合にはどちらの方がいいのでしょうか?この点については例えば、家族構成から考えるといった点が挙げられます。例えば、昼間はあまり家にいない共働きをしている夫婦の場合には深夜割引があるオール電化の方が光熱費という点ではメリットがあるともいわれます。それに対して2、3世帯が同居している大家族の場合には日中も電力消費は多いという傾向があるのです。

そんな時には電気よりもガスの方が安くなることも多いようだといわれているので。さらに、比較的温暖な土地に家があるといった場合にはオール電化はクリーンで快適な生活を送るのにぴったりですが、寒さが厳しいエリアに住んでいるという場合には冬場の立ち上がりが早くてパワーが強いエネルギーの方が良いかもしれないのです。こうした点を考えるとどちらの方がいいのかといったことは、家族構成やどんな気候のエリアに住んでいるのかといった要因などによっても変わってくるといえます。それぞれ様々な点から検討してみるという事なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *