これからのエネルギー「ガス」

皆さん、ガスといえば何を思い浮かべますでしょうか?生活の中ですと、キッチンで料理をするときを思い浮かべると思います。

しかし、昨今の原子力問題などを考える上で、エネルギー問題では重要なキーワードになっています。発見されたのは古く、1600年頃と言われています。日本で照明用に使われるようになったのが1850年頃です。エネルギー問題が議論される際に、火力発電所のコストと、原子力発電所のリスク、この2つでどっちをとるべきかという話になることが多いと思います。基本的に電気をどう作り出すかという話です。

しかし、この議論にガスをいれたらどうでしょうか?地下資源は有限と言われますが、世界各地に大量に埋蔵されており、今後も長期間にわたって安定的に供給をすることが可能といわれています。その他にも、天然ガスは大気汚染物質が発生しづらく、地球、人にとってとてもクリーンはエネルギーを生み出すことができます。もしかしたら、地球上のエネルギー問題が解決してしまうかもしれません。最後に、臭いについてお話します。

ガスには独特の臭いがあるとおもいますが、実はあの匂いはガスにもともとついている臭いではありません。危険を回避するために製造過程で臭いを付けています。これだけでも、誰かに話したくなる豆知識ですが、さらにこの臭いは地域によって違うそうです。他県へ引越ししたときは、キッチンでコンロを付けた時に、臭いを気にしてみて下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *