ガスの安全装置って?

普段何気なく使っているガスですが、状況に応じて安全装置が作動すると、止まってしまって使うことができなくなります。

昨今は地震や台風など、様々な自然災害も増えてきているので、場合によっては作動している事もあるので、もしもコンロや給湯器が使えなくなっているようであれば、作動している可能性があるのでチェックしてみて下さい。ガスを使う機器類が使えなくなったという時には、メーター確認の前に動いている機器類を一旦止めましょう。

その後にメーターを見るのですが、メーターの表示ランプが赤く点滅している時には作動して使えないように遮断されている状態です。これを復帰するためには、復帰ボタンのキャップを左に回して外してから、しっかり奥までボタンを押し込みます。手を離せば赤ランプが点灯してからまた点滅を始めるのですが、その後は約3分間待つと機器類が使えるような状態になります。

もしもくさいような臭いがした時には契約している会社にすぐに連絡して対処してもらうようにしましょう。いつも通りに使っているのであればガスの安全装置が作動するということはないのですが、荒天などの後はもしかすると使えなくなるということは覚えておくと良いでしょう。普段から正しく漏れたりせずに使えるよう、使い方も適宜見直して安全に使うように心がけて下さい。不明点などがあればガス会社に相談して利用方法の確認を行っていけば、トラブルなども未然に防げます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *