日々の生活の暮らしの中で必要なガス

私たちの生活で電気、水道、ガスは欠くことのできない存在です。

しかし、これらの供給環境が最近大きな変化を迎えました。電力は2016年一般家庭の電力の小売りが自由化され、次いで2017年4月からは都市ガスが自由化になり、現在では水道事業の民営化が話題となっています。電力と瓦斯が自由化されたことで顧客が自分のライフスタイルに適したプランを選択することが可能となり、少しでも料金を安くしたり、サービスを充実したものへと変更が可能になりました。日々の暮らしに必要なものですので少しでも安く使用したいと考えるのは当たり前のことです。

プロパンの料金は以前から供給会社が任意で料金を設定することができましたが、都市瓦斯は2017年以前は規制料金でしたので自由に設定できませんでした。自由化後は料金を自由に決めることができるようになっています。ではプロパン、都市ガスともに自由料金となった現在、どちらがお得なのでしょうか?料金の求め方はどちらも基本料金+従量料金(単位料金×ガス使用量)となります。都市ガスの基本料金は約1000円・1㎥あたりの料金は約150円で計算されます。

対してプロパンは基本料金1500円から2000円・1㎥あたりの料金は500円から700円で計算されます。これだけでも約2倍近い料金がプロパンの場合掛かります。毎日の暮らしの中で必要とされる光熱費を安くすることができるのであれば生活にゆとりが出てきます。プロパン供給会社を見直したり、またはプロパンから都市瓦斯へ変更することで生活費を改善することができます。今一度現在契約しているものが自分の暮らしに適したものなのか見直すべきではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *