ガスのある暮らしは生活に欠かせない調理力を高める

オール電化の生活が謳われつつある現在、ガスの人気は押され気味に見えるかもしれません。

火を使わない電気の利用は安全面からも支持されるのは当然な事です。それでも目に見える火というものは独特の魅力があり、特に家で本格的に料理をする人にとってはコンロから燃えたぎる火力の良さは必要不可欠です。電力の熱伝導により調理可能なIHコンロは火に対する危険性が無いため、子供のいる家庭やお年寄りの暮らしには安全で便利です。ただし本格的な料理などをする場合、IHコンロの熱よりもガスコンロの火力が適切な事も多いです。

例えると中華料理などで一気に火力を上げて鍋を振る場合、IHの場合は熱から離れてしまうので温度が下がってしまいます。そこでガスの強い火力で鍋を振ると、火の勢いをキープしたまま炒め合わせや混ぜ込みが出来ます。その他にもアルコール成分を飛ばすフランベなども火が必要となります。もちろん小型バーナーなどを利用すれば問題ありませんが、本格的に料理をする人にとっては調理過程で一気に仕上げる段階で余計な作業が入るのは好みません。

そのためガスのある生活を支持する人がいる訳です。料理人だけではなく一般的な暮らしをしている料理に興味を持つ人も、目に見える火で感覚的に調理をする事で料理の腕があがります。全てが電力で便利になってきている人々の暮らしの中でも決して消えないガスのある生活は、それを望む人々が確実に存在するからこそ今でも支持されているという事だと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *