生活に欠かせないガスとの暮らし

ガスは生活に欠かせないものです。

冬には暖房としてストーブに、キッチンでは料理や洗いものに、お風呂では湯船にお湯をはったりシャワーにも使用します。オール電化の家庭でない限りガスを使用して生活している家庭は多いはずです。暮らしの一部にもなっているので大切に使用しなくてはいけません。またその種類は大きく分けると2つあり、生活する場所や暮らしに合ったものを使うことになっています。

都市ガスはメタンが主成分にとなっており、綺麗なエネルギーなので酸性雨や大気汚染の心配がほとんどありません。二酸化炭素もほとんど出ないのも特長です。暮らしの上では、家でもし漏れたとしても空気より軽い性質で天井の方にたまるので窓を開けるだけで殆どを放出させることが出来ます。導管で複数の家庭に供給している形なので、災害時には問題がないか確認するまでに時間がかかるので使用開始までに時間を必要とします。料金面ではプロパンガスに比べ約1.8倍低いので経済的負担が少なく助かります。

プロパンガスはプロパンを主成分としており、空気より重たく下にたまりやすい性質をもっているので、漏れが生じた場合は窓を開け床を掃き出すようにして外へ排出する必要があります。各家庭にそれぞれボンベを設置する形なので災害時は問題がないかの確認が出来次第すぐに使用が開始できるので災害時には強いです。また、料金は自由に業者が決められるようになっているので、各会社によって料金が様々です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *