ガス代を削減するためには

ガス代が高く困っている方に、どのような方法で費用を下げられるか考えてみましょう。

料金は基本料に使用した分の従量料金により決まります。これに「割り引きプラン」が利用できるかがポイントです。家庭用燃料電池であるエネファームや床暖房を設置することで通常とは別に割り引きになるプランがあります。床暖房を使用することでガス代は上がってしまうのですが、エアコンの暖房使用による電気代は削減できますし、床暖房は下から暖めてくれるので暖房効果が高いということも言えます。生活の中でガス代を減らす方法を考えてみます。

使用する場所はお風呂と台所の2ヶ所がメインとなります。お風呂の浴槽にお湯を溜めるのか、シャワーだけで済ますのがいいかは一概に言えません。シャワーも意外にお湯を消費しているので、体を洗っているときに流しっぱなしにするのは非常に無駄なことです。体を芯から温めてくれる点では湯船にお湯を張った方がいいですし、その上でシャワーをこまめに止めるということが必要です。

使用した浴槽は開けっぱなしにせずフタをすることで、次に入る人が追い焚きをする時間が少なくなり節約になります。台所では主に料理に関することです。火にかける際、フライパンや鍋の底よりも火が外に広がって使用していることがありますが、火は底の範囲に収まるように中火でかけても十分使えますし、強火にすることは無駄以外の何者でもありません。コンロだけでなく電子レンジや電気ケトルなど他の調理器具を使用することでガスの使用を抑えることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *