ガスはIHよりも火力が強い

キッチンで調理をする際にガスを使うガスコンロでの調理は、火力が強いので炒め物やてんぷらなどの揚げ物も美味しく仕上げることが出来ます。

中華料理店や飲食店では火力の強さも重視しますので、料理人は迷うことなくIHクッキングヒーターではなく、ガスを使うとも言われるくらいです。熱量もそれだけ高くなりますので、料理をした際の味にまで大きく影響をします。火さえ通ればよいのではなく、出来上がりの美味しさにまでこだわるなら、火力の強さは料理の際に譲れない条件です。IHは見た目もスタイリッシュですが、加熱調理をする時には専用の調理器具しか使うことが出来ません。

オールメタルタイプも登場をしていますので、アルミニウムや銅を使った調理器具を使えるタイプもあります。しかしIHであることには変わりがありませんので、熱量はそれだけ低く熱効率もやはり落ちてしまうのは否めません。どのような素材を使用したフライパンであっても、鍋であろうとも問題なく使えるのがガスコンロであり、コンロなら調理器具に気を遣う必要がないです。

今まで使っていた鍋やフライパンなどを使うことが出来るので、新しく調理器具を買いそろえる無駄な出費もありません。するめを炙ることもできますし、魚を網焼きにすることもできます。火力を自由に調整ができて、加熱調理をする時に使う調理器具も選ばないので、気軽に楽しく料理ができる環境です。火を使うので火災のリスクはゼロではないものの、強い火力で完成する料理の美味しさは大きな魅力になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *