飲むだけではない浄水器の活用術

水道水には細菌などを取り除くために塩素などの薬品を使用しています。

その結果水道の水は塩素臭やかび臭が気になってそのまま飲む気になれないという人も少なくありません。そこで登場したのが浄水器です。カートリッジに内蔵された浄水のためのフィルターを通すことで、水道水の塩素臭などを取り除き、おいしい水にすることができます。確かに浄水すると薬臭さもなくなり、水の味もよくなり、お米を炊いたり料理に使うのも安心して使えるようになります。

けれども水道水は飲むだけでなく髪を洗ったりお風呂に入ったり洗顔にも使用します。お風呂上りに髪がきしんで乾かすとばさばさになる、バスタブに使った時にピリピリしたりチクチクしたりするような感覚があるという感覚を感じる人は少なくありません。こうした感覚は水道水の塩素が関係していて、飲用にする以外にも肌や髪の毛などにも気を使う必要があります。浄水器も飲むための水を浄水するだけでなく、肌に触れる水を浄水するためのものもあります。

たとえばお風呂場のシャワーヘッドの部分が浄水用のカートリッジがセットできるようになっているタイプの浄水器もあります。シャワーヘッド型の浄水器は、水道水の浄水機能のほかに、マッサージ機能がついていたり、節水機能が付いているものなど多機能なタイプに人気が高まっています。このタイプもキッチンで使用するタイプと同じように、必ず定期的にカートリッジを交換することで塩素除去能力を維持することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *