ポット型浄水器の特徴

ポット型浄水器は浄水器の中でも特に小型のものであり、最近だとホームセンターはもちろんのこと、雑貨店などでも売られるようになってきました。

それではこのタイプの特徴としてはどういったことが挙げられるのかと言うと、特に大きな特徴となるのが他の種類と比べて非常に安価に購入できるということです。蛇口直結型の最も安い価格帯と比べると同等レベルとなってしまいますが、それでも安いものであれば1千円程度、高いものでも5~6千円あれば購入できるということは非常に大きなメリットとなる特徴です。また持ち歩きが出来る浄水器としては事実上唯一のタイプであり、この点については蛇口直結型や据え置き型には無い特徴と言えます。

最近はデザインやカラーリングにも凝っているものが増えてきていますから、プレゼントとして人に贈るのであっても喜んでもらいやすいものとなるでしょう。しかしそうしたメリットとなり得る特徴がある半面、このタイプはそもそもの浄水性能がさほど高くないというデメリットもあります。特に据え置き型などと比べると性能差は非常に大きく、据え置き型だと除去できていたような不純物に関しても除去ができないということが普通です。また浄水自体にも時間がかかることが多く、水を入れてもすぐに浄化ができるわけではないということも押さえておきたいポイントです。

継ぎ足ししながら使っていくという人もいますが、本来の性能を発揮するのであれば中に入っている水を使いきり、そのあとで新しく水を入れるようにした方が良いというのは間違いありません。ポット型浄水器は良くも悪くも手軽に使えるものという域を出ないことが多いものですから、本当にしっかりした浄水性能を求めるのであれば5千円以上のしっかりしたメーカーのものを買うか、そうでなければ蛇口直結型や据え置き型を水道に取り付けることを考えた方が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *