据え置き型浄水器の特徴とは

浄水器の中でもある程度本格的な浄水性能を求め、長期的なコストも抑えたいという人に人気が高いのが据え置き型と呼ばれるタイプです。

これは金属でできたタンクのようなものをシンクの上に設置し、そのタンクと水道をつなぐことによって浄水器を使用できるようにするというものです。ではこのタイプの特徴はどこにあるのかというと、蛇口に直接取り付けるタイプよりも優れた浄水性能があるということです。蛇口に直接取り付けるタイプでは除去できないような微細な不純物に関しても据え置き型であれば除去できるということが多く、またフィルターも大型であるために一年間などの長期間にわたって安定した浄水性能を維持してくれます。

また浄水器の中でもいわゆる「売れ線」の商品であるため、メーカーが特に注力をしやすい商品でもあり、最近だと料理用の軟水を作ることができるものや、健康に良いとされるアルカリイオン水を作ることができるタイプも販売されるようになってきています。選択肢も多く、性能にも優れていることから本格的な浄水器を求めるのであればこのタイプを選ぶのが無難な選択肢となります。ただそのデメリットとしてあるのが、まず取り付けの際には蛇口のタイプを確認する必要があるということです。蛇口によっては分岐水栓を取り付けなくては設置できないことがありますし、また本体自体も3万円程度の比較的高額な物となります。

加えて昨今話題になっている放射線物質を除去するほどの性能は残念ながらありませんから、放射線物質の除去を期待するのであれば、これよりもさらにワンランク上の浄水器を選ばなくてはなりません。こうしたデメリットがあるとはいえ、性能面・価格面ともに最もバランスが取れているということには変わりがありませんから、ある程度本格的な性能を求めるのであればまず購入を検討してみると良いでしょう。
ガスのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *