給湯器交換の予備知識

給湯器交換の予備知識として、熱源の種類や給湯器のトレンドなどを知っておく必要があります。

ガス給湯器は、燃料に都市ガスやプロパンガスを用いる方式の給湯器です。最も広く普及している方式で、家庭用の小型給湯器から業務用の大型給湯器まで幅広いタイプが存在します。ガス給湯器のメリットは、容易に燃料制御が出来る為に簡単な構造で高い給湯能力を確保出来、故障が少ないとされています。現在のガス式には、放出していた排熱を予熱として使用して熱効率を高めるエコジョーズと呼ばれる潜熱回収システムがあり、加熱前の水を200度近い排熱を使い予め温める熱効率95%の給湯システムです。

電気給湯器は、電熱ヒーター式と熱交換式の2種類があるが、どちらもお湯を貯湯タンクに蓄えておく方式の給湯器です。エコキュートとも呼ばれる熱交換式は、ヒートポンプを使用する事で大気の熱を回収して熱効率を高める事が出来る給湯システムであり、消費する電気に対して3倍のエネルギーを作り出せる給湯システムもあります。又、割安となる午後11時~朝7時までの時間帯に稼働させ、一般電気料金となる昼間はタンク内から給湯をする事で電気料金を節約する機能を付加したシステムもあり、オール電化住宅の普及率の上昇と共に、人気が高まっている給湯システムです。

エコキュートのデメリットは、深夜に1日分のお湯を貯める為に時間経過の放熱ロスを無視出来ない事と日々の使用湯量によっては無駄な湯沸してしまう事です。イニシャルコストと熱効率では都市ガスを使ったエコジョーズに劣りますが、ランニングコストではエコキュートが安いとされています。給湯器交換時には、自分の家族構成や日中の在宅率に基づき、どの給湯システムが自分の家にあっているかを考える必要があります。又、トラブル回避の為に、給湯器交換見積りに配管に関する費用が盛り込まれているかの確認も大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *