給湯器交換のタイミング

ガス給湯器は、お湯が出ない、などのトラブルが生じてから壊れたと慌てるケースが多いです。

特に、冬場は水温が低いので湯沸かしをする為に多くのエネルギーを必要とする為、給湯器に負担がかかりやすく、急に故障してしまうことが多くなります。給湯器の修理に来てもらうにせよ、工事会社の予定がいっぱいで、すぐに来てもらえない状況が多々起こります。お湯が使えないのはとても不自由で、特に入浴などが出来なくなるので、たちまち困ります。本格的に壊れてしまう前の給湯器の故障しかけのサインを知り、計画的に給湯器交換をすることをお勧めします。

給湯器の寿命は、使用頻度や家族の構成人数にもよりますが、大体10年~15年と言われています。年数を経ることにより、部品が劣化したり基盤が故障したりするのが主な原因です。給湯器は定期的なメンテナンスや点検の機会もあまり無いので、不調に気付きながらもなんとなく使っているうちにある日壊れるというパターンが多くなります。10年を経過した以降は、給湯器交換を視野に入れて資金等を準備しておくと良いでしょう。

本格的に壊れる前のサインは、いくつかあります。給湯温度が設定した温度に一定にならない場合があります。お湯を出す時に、着火音が異常に大きくなる場合があります。お風呂を炊き終わった筈なのに、温度がぬるかったり、追い炊きがうまく出来なくなる場合があります。給湯器を購入して数年でこの症状が出た時は、メーカーのメンテナンス窓口への修理相談が良いでしょう。7年以上10年未満の場合は、修理と交換の両方を視野に入れておいた方が良いです。10年以上経過している場合は、給湯器交換をした方が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *