給湯器交換のタイミングとは

ほとんどの住宅にはお湯を作るための給湯器が設置されています。

一軒家なら外壁やマンションなら扉の横などに設置されているものです。給湯器はガスなどの燃料をもとに火をつけて給水管から水をお湯に換えてお風呂場や台所などに配管されています。この給湯器はいつまでも使用できるというわけではなく、10年から15年で故障が多くなり交換が必要となってきます。年数が経過してから故障するとメーカーに部品がないといったこともあり、また安全のためにも交換するほうが正しい方法と言えます。

給湯器交換のタイミングとしては冬になる前に行っておくほうがいいです。やはり冬場はお湯を使う頻度も多くなるということもありますが、給湯器は冬場になると気温が低くなり点火しにくいなどのトラブルも発生しやすくなるためです。給湯器交換は10年から15年経過してから急に故障して使えなくなる前に行っておくといいです。ほとんどの場合小さなトラブルが起こるようになり、そのサインを見逃さないようにします。

例えばなかなかお湯にならない、お湯の出が遅くなる、操作パネルにエラーが表示されることが多くなるといったことです。給湯器交換を行う場合に確認しておきたいのが給湯器の能力です。数字の号数であらわされ16号、20号、24号と表示されています。号数は1リットルの水を1分間に25度上昇させることができるという能力のことで、家族の人数と冬場の利用頻度を考えて決めることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *