プロパンと都市ガスの違いやメリット、デメリットは?

家庭や事業所などで使われているガスはプロパンと都市ガスに大別されます。

しかしプロパンと都市の違いを明確に説明できる人は意外と少ないのではないでしょうか。それぞれの基本的な概要やメリット、デメリットなどを見ていきましょう。プロパンはプロパンやメタンを主成分とする液化石油ガスで、マイナス42度に冷却すると液体になります。供給方法は液体のまま専用のボンベに詰め、住宅や事業所に運搬し、気化させて使用する流れです。

空気よりも重いので警報機は室内の下部に設置します。一方、都市はメタンを主成分とする天然ガスで、マイナス162度まで冷却しなければ液体になりません。ガス会社や自治体の工場から、あらかじめ気化させた状態で地下に張り巡らされた導管を通じて供給される仕組みです。空気よりも軽いため、警報機は室内の上部に設置します。

プロパン、都市の共通点はどちらも無臭な点ですが、漏れた場合に気づきやすいように人工的に臭いが付けられています。都市は料金が安いメリットがありますが、夏量がプロパンに比べ低く、万一災害でストップした場合に復旧に時間がかかってしまいます。プロパンは料金は高めですが熱量が高く、ボンベが運べる場所であればどこでも使用可能です。このほか災害時には早期の復旧が見込めるなどのメリットがあります。コンロはプロパン用と都市用に分かれており、間違えて使ってしまうと火災や一酸化炭素中毒の危険性がありますので、くれぐれも注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *