ガスの種類は一つではない小売事業者を賢く選ぼう

家庭で使用するガスには、提供業者によって色々な種類があります。

一般的によく知られているのは、都市ガスとタンクに入ったプロパンガスの違いまたは13Aと12Aが存在することではないでしょうか。タンクの中身は実際のところプロパンに限らず、LNGやLPGなど素材は多種多様です。

従来からの呼び方がプロパンだったために、そのまま使用している方も多いのでしょう。また単身赴任や引っ越しなどで西日本から東日本に移転した場合に、それまで使用していた器具が使用できないことがあります。

その原因は13Aと12Aなどの違いがあるためです。その意味ですが、前の数字は1㎥あたりの発熱量で数字が大きいほど効率が良いことを意味します。その後にあるアルファベットのAは燃焼速度を表し、A以外にもBやCが別にあります。

新しい機器ならばガスの種類に関係なく使用できる商品もありますが、地域に特有の種類だと対応できないことがあり予め確認が必要です。都市ガスに関しては各地域にある会社が、そのほとんどを供給し価格が変わることがめったにありませんでした。

しかし自由化にともなって小売事業者を利用者が選べるようになり、上手な選択で安く使用できる方法を見つけられます。小売事業者は電力会社や石油会社、珍しいものでは温泉を経営する会社などが参入しています。各家庭まで引かれた導管はこれまで通りの会社が管理しますが、新規参入業者は自社の強みを活かしつつ値下げやポイントサービスなど様々な手法で利用者に働きかけています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *